銀行も注意喚起するメールアドレスのセキュリティ。無料のフリーメールアドレスは不正送金につながる?

メールアドレスのセキュリティ

ワンタイム認証に使用される銀行の登録メールアドレスに、フリーメールアドレスは非推奨

銀行のオンライン送金サービスなどで使用されるワンタイム認証。振込等のお取引の際に、お手続きごとに変わる1回きりの使い切りパスワード(ワンタイムキー)をメールで受け取り認証を行います。これは、警察庁の「インターネットバンキングに係る不正送金事案への対策について」でも言及されているように、セキュリティをより強固にするために使用されている方式です。しかし、メールアドレスの中でもフリーメールアドレスはワンタイム認証に推奨されないということはご存知でしょうか。楽天銀行では「セキュリティ強化のためのワンタイム認証のルール変更について」と言うお知らせの中で、フリーメールアドレスを避け、「携帯電話・スマートフォンのメールアドレス」「プロバイダ・勤務先のメールアドレス」を使用するように注意喚起を行なっています。みずほ銀行三菱東京UFJ銀行でも同様の呼びかけがされています。

そもそもフリーメールアドレスっどんなもの?

フリーメールとは、Yahoo!メール、Hotmail、Gmailなどの誰でも無料で取得できるメールアドレスのことです。
秋田銀行の「インターネットバンキングに登録するメールアドレスにご注意ください」というお知らせの中では
パスワード通知用のメールアドレスに「フリーメール・Webメール」を登録されている場合の不正送金被害が急増していると言及されています。無料で使えて便利な一方、IDやパスワードが不正に取得され、不正アクセスされる例が少なくないことが現状です。

なぜフリーメールアドレスは、キャリアメールアドレス/プロバイダーメールアドレスに比べて不正利用されやすいの?

フリーメールアドレス/キャリアメールアドレス/プロバイダーメールアドレスのセキュリティ強度には、それぞれ下記のような特徴があります。
■キャリアメールアドレスのセキュリティ強度:高
契約中の回線からのみメールにアクセスできるため、メールデータを搾取することが不可能です。
■プロバイダーメールアドレスのセキュリティ強度:中
プロバイダーからIDやパスワードを割り当てられるため、他のサービスで同じIDやパスワードを使い回す事が少なく、攻撃の危険性が低くなります。
■フリーメールアドレスのセキュリティ強度:低
メールアドレス作成時に自分でパスワードを設定する必要があります。その場合、同じIDやパスワードを他のサービスで使い回しやすく、サービスのパスワードリストが攻撃された場合にメールデータを搾取されてしまう可能性があります。

上記のような理由から、各銀行ではフリーメールアドレスを避けるように呼びかけています。

メールアプリ「CosmoSia」ではセキュリティ強度の高いメールアドレス作成が可能です

メールアプリ「CosmoSia」のオプション機能「CosmoSiaメールプラン」なら、「CosmoSia」アプリ内で新しいメールアドレスを作ることが可能です。
CosmoSiaメールではキャリアメールと同様に、電話番号認証により契約者のみがメールデータにアクセスできるため第三者がメールデータを搾取することができません。そのため、ワンタイム認証に使用するメールアドレスに最適なセキュリティ強度を持っています。
プライバシーにも配慮した日本企業製で、操作が不安な方も丁寧なサポートで安心です。月額330円でご利用いただけます。

100万ダウンロード超え!メールアプリ「CosmoSia」って?

株式会社ACCESSが2012年から開発・提供しているアプリで、複数アカウントの設定も可能です。今までのダウンロード数は100万以上と多くの方にご利用いただいています。

「CosmoSiaメールプラン」のメールアドレスは、現在メールアプリ「CosmoSia」内でのみ使えます。
メールアプリ「CosmoSia」は各アプリストアからダウンロードが可能です。この機会にぜひお試しください。

CosmoSia Android版

Google Play で手に入れよう

メールアドレスの作成方法は
CosmoSiaメールプランの購入・設定方法をご確認ください。

CosmoSia iOS版(※8月リリース予定/現在予約注文受付中です)

AppStoreで予約注文